まだ知らない
京都に触れる旅が
はじまります。

「京都知新」とは、伝統を守りながら、
新しい挑戦をする次代を担う職人や作家の
仕事を通して、まだ知らない古都に出会うこと。
あなたも、未体験の京都に触れる
旅をはじめませんか?

体験知新

EXPERIENCE

1200年にわたって受け継がれてきた伝統技術と
現代的な感覚が融合したものづくりや料理の数々。
MBS毎日放送のテレビ番組「京都知新」で紹介された職人のもと、
ここでしか出会えない京都に触れてみませんか?

里山知新

SATOYAMA

京都市北端に位置する「京北」は日本の原風景を残しながら、
個性的な作家たちが次々と工房を構える注目のエリア。
そんな京北の里山を中心に、
京都知新ならではのさまざまな滞在プランをご用意しました。

食知新

FOOD

「京都の料理は革新の連続である」
『菊乃井』の村田吉弘さんの言葉です。
京都の食文化の多様な魅力、進化を
浮き彫りにするコンテンツをお届けします。

TV
京都知新

TV KYOTO CHISHIN

MBS毎日放送がお届けするテレビ番組『京都知新』では
様々な京都の伝統文化を取り上げ、
次世代を担うクリエイターたちによる
アートや工芸などを紹介していきます。

TV「京都知新」は、京都に根ざす伝統文化の「動」=「新」の部分に光を当て、「京都を温めて新しきを知る」番組。伝統の上に立ちながらも、時代時代の新しさを追求する「現在進行形」の芸術家、建築家、職人、舞踏家、前衛アーティストたちをフォーカス。京都1200年の美のタイムラインに「新」を発見してゆきます。

毎週日曜 朝6時15分~6時30分 MBS毎日放送 4ch.にて放送中(関西地区)

2018年11月18日(日)放送

#127銘木師・中川典子

銘木師の中川典子さんは、中京区・千本通りにある千本銘木商会にて、日々、木材と向き合っています。千本銘木商会では銘木の販売・加工・施工を手掛けており、床の間の意匠の選定から京町家のリノベーション、木造建築の空間デザインを手掛けています。その前身は四条河原町にある材木商「酢屋」。270年もの歴史を誇ります。現代の銘木師はお客様の要望や趣味に合わせてコーディネートを提案する、クリエイティブな職業。お客様の求めるものに応えられるだけの木の取り合わせを想像し、モノづくりをしています。京都市中京区にあるヴィーガンダイニング・浮島ガーデンの内装デザインを手掛けたのも中川さんです。棚に使用する木材一つにも、中川さんの細やかな気配りが光ります。ある日、中川さんのもとに幼稚園から、古くなった「すのこ」の新調と、お砂場の棚について依頼がきました。子どもたちが五感を使ってその空間を楽しんでもらえるよう、中川さんはここでも趣向を凝らします...。