体験知新

EXPERIENCE

【MBSアナウンサー 西村麻子 が挑戦!】「山田松香木店」の職人が教える
匂袋作り体験

MBS毎日放送「京都知新」(関西ローカル) 2017.04.23 #50

香りプロデューサー

山田洋平Yohei Yamada

放送回詳細ページ

寛政年間に創業した山田松香木店は、京都の香りを支えてきた老舗の一つ。「奥深い香りの楽しさを届けたい」と電子香炉の製作や、高級宿の香りのプロデュース、香と人を結ぶ香り体験のサロンの開設など、新しい取組みを次々と仕掛ける山田さん。伝統の香りの継承のために、新たな試みに挑戦する香りプロデューサー山田さんの思いと活動をお伝えします。

体験内容

衣類や小物からほんのり香りがする女性って、素敵だと思いませんか? 山田松香木店では、貴重な香原料を調合して自分好みの匂袋を作ることができます。今回体験するのは、西村麻子アナウンサー! スポーツが得意で、「さわやかな香りがスキ」という西村アナが、好みの匂袋を完成させるまでをレポートします。

西村麻子MBS毎日放送アナウンサー

京都府京都市出身。2000年 MBS毎日放送に入社。
自他とも認める生粋の京女。はんなりとした雰囲気ながら筋金入りのスプリンターで、国体の優勝経験もあり、自称・日本一足の速いアナウンサー。現在、報道番組「VOICE」や「サタデープラス」などを担当。

  1. 香原料ってどんなもの?

    最初に職人さんが、香原料の説明をしてくれます。今回の調合に使う植物性由来の香原料数種類のほか、動物性由来の珍しいものも紹介。麝香(じゃこう)や伽羅(きゃら)など、超希少な香原料にもふれられます。

  2. 匂袋作りをスタート

    香原料の説明を聞いたら、いよいよ匂袋作りへ。自分好みの香りに仕上げる前に、まずは職人さんに教えてもらいながらベースを作りましょう。数種類の香原料を、決まった順番と分量で調合します。

  3. まずは基本の香りを調合

    香原料を一種足して混ぜるたびに、香りがどんどん変化していきます。白檀のホッとする香りに癒されたり、丁字のちょっとスパイシーな香りにびっくりしたり、いつの間にか西村アナも調合に夢中!

  4. 次は自分好みに調合

    基本が完成したら、好きな香りを少しずつ足して自分好みに調整します。西村アナの好みは、運動後に触れたくなるようなさっぱりめの香り。足しすぎた? ちょっと深みが足りない?と迷走しそうになっても、職人さんが親身にアドバイスしてくれるから安心です。

  5. 袋に詰める

    理想の香りを目指して試行錯誤する西村アナでしたが、「ご自身がいいと思ったところが正解ですよ!」という職人さんの言葉に納得して、完成! かわいい和柄の袋に調合したお香を詰めて、紐で口を閉じます。

  6. 匂袋が完成 

    匂袋は、箪笥に入れて衣類に香りを移したり、鞄に入れて持ち歩いたりと、自由に使えます。西村アナの匂袋は「さわやかで上品な香り!」と大好評! 基本の香りは同じなのに、作る人によってスパイシーにもなれば、甘めにもなるので、比べて楽しんでくださいね。

体験名
匂袋作り体験
値段
2,000円(税込)
所要時間
50分(予約日の15:30~)
受付人数
2~40名
用意するもの
特になし
その他
英語対応可能(説明用紙にて対応) 幼稚園生以上対象

体験場所

山田松香木店
〒602-8014 京都府京都市上京区勘解由小路町164
Google Map

※ 外部サイトへ遷移します

山田洋平さんのお気に入りの場所は...?

竹邑庵太郎敦盛
(ちくゆうあんたろうのあつもり)

僕が少年時代から通っている、近所のお店です。「あつもりそば」という、アツアツの盛りそばをせいろで出してくれるんです。たっぷりの九条ネギと卵、ワサビと合わせる温かい出汁がとてもおいしくて、好きなんですよね。そば湯もじっくり味わってください。あつもりそば1斤900円~

竹邑庵太郎敦盛075-256-2665
京都市上京区椹木町通烏丸西入養安町242-12