きょうの
ちしん

KYOTO COLUMN

BLOG日記2019.02.07

法輪寺の「針供養」へ

裁縫をする人やものづくりが好きな人に、ぜひ行ってほしい行事があります。

嵐山・渡月橋の近くにある「法輪寺」の「針供養」です。

かつて宮中で使用された針を供養するために始まった行事で、今でも皇室から預かった針の供養を行っているのだとか。

毎年2月8日と12月8日、使用済の針を持った人々が法要に集まります。

こんにゃくに大針を刺し、針への感謝を表すのです。

ものを大切にする人々の心が今に伝わる、素敵な行事ですね。


法輪寺

●京都市西京区嵐山虚空蔵山町

●阪急嵐山駅から徒歩5日分