きょうの
ちしん

KYOTO COLUMN

BLOGまち歩き2019.02.26

伊藤若冲ゆかりの寺院「宝蔵寺」へ

街なかを南北に走る裏寺町通は、お寺が集まる昔ながらの通りです。

通りに面した「宝蔵寺」は、江戸時代中期の絵師・伊藤若冲、ならびに伊藤家の菩提寺として知られています。

特別公開時には若冲の有名な掛軸「髑髏図」などが公開されることもあるのでチェックしてみてくださいね。

そしてその髑髏図をモチーフにした御朱印が話題を呼んでいます。

ピンク、赤、水色など季節によって色が変わるので、御朱印帖が華やかになりますよ。

自分で作ったオリジナル御朱印帳で行くのもおすすめです。


冨田工藝のオリジナル御朱印帳づくりの体験情報はこちら

画家・伊藤若冲についてはこちら


宝蔵寺

●京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587番地

●阪急電車、河原町駅から徒歩約5分