BLOGまち歩き2020.03.26

桜色に染まる京都②近衛家ゆかりの「本満寺」

京都のまちのあちこちが、濃淡の桜色に染まっています。

この日は京阪出町柳駅から北西に歩いて10分ほどの場所にある、近衛家ゆかりの「本満寺」へ。

応永17年(1410)に関白・近衛道嗣の子、日秀上人(にっしゅうじょうにん)が今出川新町に創建。

その後、天文8年(1539)に現在地へ移転した日蓮宗京都八本山のひとつです。

西門から入ると北側に出現する、樹齢90年を超える枝垂れ桜が満開でした!

円山公園のシンボルである「祇園枝垂桜」の姉妹樹といわれ、枝ぶりも圧巻です。

こちらの枝垂れ桜の見ごろが過ぎると、紅枝垂れ桜や八重桜へバトンタッチ。

境内には近衛家の家紋である牡丹(ぼたん)も植樹され、八重桜のあともお楽しみが続きます。

タイミングが合えば、八重桜と牡丹の競演を楽しめるかもしれませんね。

本満寺_リサイズ済2.jpg

正式名称は「広宣流布山 本願満足寺(こうせんるふざん ほんがんまんぞくじ)」。

江戸時代には徳川家の祈願所でもあったといわれる、由緒あるお寺です。

観光寺院ではないため普段は静寂に包まれていますが、桜の時期は例外。

枝垂れ桜を愛でようと、平日でも早朝の6時台から多くの人が集まっていました。

春季限定「御朱題」の授与(10~16時)も行われているようですよ。


本満寺(ほんまんじ)
京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町16-1
京阪出町柳駅から徒歩10


桜色に染まる京都①平野神社の桜の季節を合図する「魁(さきがけ)」はこちら

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験