BLOGまち歩き2020.04.24

ウェブ上でお花見⑦尾形光琳ゆかりの「妙顕寺」

趣のある寺社仏閣が建ち並ぶ上京区の西陣エリア。

特に堀川通の寺之内あたりは、心静かにゆっくり拝観できる社寺が立ち並んでいます。

3月に「密閉」「密集」「密接」の「3蜜」を避けて、自転車で出かけてきました。

元亨元年(1321)に、京都初の日蓮宗道場として創建されたと伝わる「大本山 妙顕寺」。

春は山門前や境内を枝垂れ桜やソメイヨシノが彩り、見事な春景色が広がります。

特に本堂裏の庫裡(くり)や方丈近くで見られる枝垂れ桜は、ハッとするほどの美しさ!

大半が樹齢100年ほどいわれる桜は風格が漂い、圧倒的な存在感を放っています。

尾形光琳の屏風絵がモチーフの「光琳曲水の庭」など、広々とした境内は見どころが満載。

新型コロナウイルス感染症が終息したら、改めてじっくり拝観したいと思います。

妙顕寺_リサイズ済2.jpg


京都市上京区寺之内通新町西入ル妙顕寺前町514
市バス停堀川寺之内から徒歩5分


ウェブ上でお花見①平野神社の桜の季節を合図する「魁(さきがけ)」はこちら

ウェブ上でお花見②近衛家ゆかりの「本満寺」はこちら

ウェブ上でお花見③京都御苑「近衛邸跡」はこちら

ウェブ上でお花見④紫野の桜の名所「上品蓮台寺」はこちら

ウェブ上でお花見⑤京都御苑の七不思議のひとつ「桜松」とは? はこちら

ウェブ上でお花見⑥半年間咲き続ける「妙蓮寺」の御会式櫻 はこちら

ウェブ上でお花見⑦教会建築とイースター はこちら



京都知新オススメの京都 職人&工房 体験