仁和寺音舞台 令和の響き

2019年9月7日(土)

<第1ステージ>
開場=午後5
開演=午後530
<第2ステージ>
開場=午後730
開演=午後8

主催=京都仏教会 仁和寺 MBS
協賛=大和証券グループ Sky 協力=日本航空
後援=ICOM京都大会2019組織委員会 京都新聞
題字 / 総本山仁和寺門跡 瀨川大秀

8/20正午まで観覧募集中!

Information

11月3日(日) 深夜0時30分〜1時24分
MBS・TBS系全国ネット放送

Share

音舞台とはAbout OTOBUTAI

音舞台シリーズは、様々な日本文化の発祥となり、また長い歴史のなかで日本人の心の“よりどころ”としてあり続けたお寺、その中でも日本を代表する名刹と言われるお寺に“舞台”を設え、「東洋と西洋の出会い」をテーマにした音楽企画です。

1989年に 「金閣寺」で始まったこのシリーズは、「泉涌寺」「三千院」「清水寺」「平等院」「東寺」「延暦寺」「醍醐寺」「大覚寺」「二条城」「法隆寺」「萬福寺」「薬師寺」「仁和寺」「東福寺」「唐招提寺」「東大寺」「西本願寺」と続き、いずれも日本屈指の名刹を“幻の劇場“にした一夜 限りの夢の舞台を実現してきました。音舞台では、この特別な空間でしか実現できないスケール感と本物だけがもつ迫真の力を 最大限に見せる舞台作りを目指し、オリジナル且つ斬新で人々の心に強く残るステージをお届けします。

MORE

出演者

Artists

東儀 秀樹

【雅楽師】

雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾ける雅楽師。
東儀家は奈良時代から今日まで1300年間雅楽を世襲してきた楽家で、宮内庁楽部在籍中は、篳篥(ひちりき)を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居での雅楽演奏会をはじめ、海外公演にも参加し、他分野のアーティストとも積極的に交流を深めている。

大竹 しのぶ

【女優】

世代を超えて支持され続けている名実ともに日本を代表する女優。
映画、舞台、TVドラマ、音楽等ジャンルにとらわれず才能を発揮し、話題作に相次いで出演。主な演劇賞を数々受賞している。昨年CD「SHINOBU avec PIAF」で第60回日本レコード大賞 優秀アルバム賞を受賞。2011年 紫綬褒章受章、2019年 菊田一夫演劇大賞を受賞。

サラ・オレイン

【ヴォーカル】

オーストラリア出身。3オクターブを超える歌声を持つヴォーカリスト。
昨年の大河ドラマ「西郷どん」では劇中歌を担当。全アルバムでクラシック・チャート1位を獲得し、ウィーン少年合唱団、アンドレア・ボチェッリらとも共演。今年、イタリアのヴェルディ劇場にてヨーロッパデビューコンサートを開く。「オーストラリアnow」親善大使。

セルゲイ・ポルーニン

【バレエダンサー】

ウクライナ出身。バレエ界の異端児と称される天才バレエダンサー。
類いまれなる才能で弱冠19歳にして英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパルとなり注目を浴びる。近年はバイエルン国立バレエ団のゲスト・プリンシパルとして、また自身の公演や世界中の芸術家との共演等で活躍。2017年、自身のドキュメンタリー映画が公開され、広く話題となった。

反田 恭平

【ピアノ】

圧倒的な演奏で観客を惹きつける、今もっとも勢いのある若きピアニスト。モスクワ音楽院に首席で入学、現在はショパン音楽大学に在学中。
2016年のデビュー・リサイタルでサントリーホール2000席を完売。翌年の初オーケストラツアーおよびリサイタルツアーも全公演完売するほか、積極的に新しい挑戦を行い、常に注目を集めている。
https://www.kyoheisorita.com/

ベンヤミン・アップル

【バリトン】

ドイツ出身。低音から高音まで魂がこもった印象的な柔らかな響きを持つ歌声で世界の主要コンサートホール・音楽祭で聴衆を魅了するバリトン歌手。
2014年から次々に新人賞にあたるさまざまな賞を獲得。昨年にはヤルヴィ指揮NHK交響楽団との共演で日本デビューを果たす。彗星の如く現れた『いま絶対に聴くべき声楽家』である。

会場のご案内

Information

仁和寺の歴史

 仁和寺の創建は平安時代、第58代光孝天皇が仁和2年(886)に建立を発願し、次帝宇多天皇によって仁和4年(888)に完成。元号の「仁和」を寺号に定めた事に始まる。
 宇多天皇は退位後に仁和寺を住坊にされ、30余年もの間、真言密教の修行に励まれた。以来明治維新に至るまで、皇子皇孫が仁和寺の門跡を相続、仁和寺は御室御所とも呼ばれ親しまれてきたのである。

 広大な境内は、江戸時代初期に再興された伽藍配置のまま現在に伝えられ、金堂は国宝に、二王門、五重塔、御影堂等、多くの建造物が重要文化財に指定されている。また樹高が低く遅咲きの御室桜も同時期に植えられたと考えられ、伽藍同様、江戸時代の優美を偲ぶ事が出来るのである。
 所蔵する宝物も、創建当時の本尊である阿弥陀三尊像等11件が国宝に、仁清作の色絵瓔珞文花生等46件が重要文化財の指定を受けている。また御室流華道の家元として、いけばなを通じて文化の向上に貢献している。
 現在仁和寺は真言宗御室派の総本山であり、平成6年(1994)にユネスコの世界遺産に登録されている。