里山知新

SATOYAMA

BLOG日記2018.12.03

茅刈り体験「カヤトル2018@京北」 参加者募集!!

京北の魅力の一つは何と言っても、かやぶき屋根の民家が点在していることでしょう。

「まんが日本昔ばなし」に出てくるような茅葺きの民家に、現在でも普通に人が住んでいます。

京北に移住してから、茅葺き民家も見慣れた風景となりましたが、何度見ても美しいです。

是非とも、次世代に残したい日本の原風景ですね。


今の常識から考えたら、茅葺きの屋根ってすごいと思いませんか?

私はすごいと思います。アンビリーバブルですよ。

だって屋根が草(ススキ)なんですよ!

その辺に生えてるススキなんですよ!

草なので、葺き替えた後は、土に還りますからね。これぞ究極のエコ建材だと思うんです。


茅葺き建築はまさに、自然と共に生きる里山の知恵の象徴ですね。



何と!今週末12月8日、
その里山の知恵が学べるワークショップ「カヤトル2018@京北」が開催されます!!

イベントでは、茅葺きの職人さんがレクチャーして下さります。

伝統的な人の生業と自然が織り成す、里山の暮らしと文化を体験する機会です。
ぜひお子様連れでご参加ください。

参加費:2000円(昼食つき カレー)
こどもは500円
安全のため大人20人までの予約となります。
茅葺古民家にて宿泊も可能です。(一人13000円要予約)

当日スケジュール
10:00 江戸中期にたてられた茅葺古民家集合、茅葺きについてレクチャー、構造や作りを見学
11:00 室町時代にたてられた河原林さん宅も見学
12:00 天候に応じて茅場にてご飯。(カレー)
13:00 茅刈りの説明と実践
14:30 休憩 コーヒータイム
16:00 暗くなる前に終了、解散。茅を運搬。

参加のお申し込みやお問い合わせは、こちらからどうぞ。
facebookのイベントページ「カヤトル2018@KEIHOKU

皆さんのご参加お待ちしております。