BLOG里山の習慣2020.01.13

宇野地区の新年会にて

本日は、私が住んでいる宇野地区の新年会があり参加してきました。

地区には公民館はなく、お寺に集まります。

DSC_7756.jpg


朝一、お寺の横にある八幡神社にて、宮司さんに祝詞をあげてもらいました。

宮司さんが帰ったあとは、今度はお寺の中に入って、仏壇の準備。

そしてご住職にきてもらって、お経をあげてもらいました。
DSC_7769.jpg


慌ただしく一通り儀式が終わったあとは、新年会。美味しいお料理とお酒を頂いて、地域住民の懇親を深めました。

そのあとは、お隣さんのお呼ばれして、もう一杯。

完全に飲み過ぎました・・・。



いやーそれにしても、日本人の宗教観って不思議です。

神道の行事をした直後に、仏教の行事をする。

海外で例えるなら、キリスト教のお祝いをした後に、イスラム教のお祝いもするって感じなんですかね。

ベースには多神教である神道の八百万の神への信仰があって、仏様もその中の神様だからOKって感じだと私は認識しています。

私が外国人から"どの宗教を信じていますか?"と問われたら、

"特定の宗教は信じていませんけど、仏教と神道をなんとなく信じています・・・。"

と曖昧な答えをするかと思います。

この宗教観は科学や経済の発展、戦後教育、歴史の背景、オウム事件などいろんなことが影響していることに、加えて、仏教や神道が生活や文化の中に馴染み過ぎているから、曖昧になっているように思います。

私はこの曖昧な感じ結構好きです。


京北では過疎化が進んで地域の伝統文化が失われつつあります。
文化継承は曖昧なままにせずに、ちゃんとしたいものです。

次世代でも続けられるように変える必要があるのかもしれませんね。