里山知新

SATOYAMA

BLOG里山暮らし2019.03.15

ひっそりと咲く春

雨上がりのある朝、家の近くを散歩しているとご近所の方に出会いました。

今年は雪も少なくて、桜の開花は早いでしょうかね?

などと話をしていると、

「桜もそうやけど、春の野草も咲いてるよ」と教えていただきました。

ご近所の方は、トレッキングがご趣味で地方の山々へよく歩きに行かれますが、

もちろん、地元京北の山にもお詳しく、野草にもお詳しい方で

「あそこに咲いてる花は、昔はこの辺の山にたくさんあったんやけどねぇ」と、

その方と教えてもらった場所へ行ってみました。


黄連草むら.JPG

そこには、白くて可愛らしい花がたくさん咲いていました。

「これは、黄連(オウレン)って言うんやで。漢方薬にもつかわれててな、昔は

びっしり咲いていたんやけど、乱獲にあってな...今はほとんど見れなくなって

ここの場所は人が来ないから、ひっそり生き延びたんやな。」

真ん中に黄連花.JPG

帰宅して調べてみると、どうやらセリバオウレンのようです。

杉植林の山にも生息し、寒冷地を好むようです。

ご近所の方に教えていただいた通り、漢方薬に利用され、殺菌作用や抗炎症作用があり、古くから健胃薬として利用されていたようです。

京北の町は、昔はなんでも自給自足ができた町と教えてもらいました。

町の先人の方々は、体調を整えてくれるこの花を大切にされいたことでしょう。

ですが、乱獲にあってしまったことは本当に悲しく残念です。

だから、先人の方々の気持ちを想うと、この花が咲く場所は、

残念ですがお教えすることはできません。

この花がやがてまた、たくさん咲いてくれますように。

私も京北の自然を大切にしたいと、改めて思いました。