里山知新

SATOYAMA

BLOG里山暮らし2019.03.27

バスの車窓から見る、京北の春

先日は、急に寒くなり雪もちらついた京北です。皆さんの街はいかがでしたか?

「寒さ暑さも彼岸まで」と、先人の方々のいう通り

もう、そろそろ暖かくなってもらいたいなぁと、思いながら今朝もストーブをつけた私です。

でも、通勤に川べりや街路樹のピンク色に染まり始めた蕾をみると、

春の訪れを感じることができ開花は、まだか?とワクワクします。

先日、私を訪ねに来てくれた地方から来た友人に、

「京北に到着した後、もし自分達で京北を巡るには

どうしたらよいかな?」と聞かれたので、

「それは、ぜひ!ふるさとバスに乗ってみて!」と紹介しました。

これまでの日記の中で「アクセス、ふるさとバス○○下車徒歩3分」等々と、

お伝えしている「ふるさとバス」さんです。

京北の山々や自然をイメージできる緑色のラインがトレードマークの

ふるさとバスは、京北の中学生・高校生や地元のご高齢の方々の足を支えている

京北のとても大切な交通です。


バス停出張所前.JPG


「里山の桜をひとりじめ」(https://www.kyoto-chishin.com/satoyama/tour02.html

で、ご紹介している桜の地域はもちろん、京北内の社寺仏閣やご紹介したお店の近くには、

ふるさとバスさんのバス停があります。


周山バス停.JPG


京都駅からJR西日本バスで京北に到着されるバスプールがふるさとバスのバスプールであり、

お隣の美山町を走る南丹バスさんも乗り入れされています。

バスの車窓から、京北の春をぜひ感じてみませんか?

京北へお越しの際はぜひ、ふるさとバスにご乗車ください。



◎きょうと京北ふるさと公社 地域交通事業部(ふるさとバス)

601-0251 京都市右京区京北周山町西丁田20-2

TEL 075-852-0171 

https://fuw.jp/furusatobus/