里山知新

SATOYAMA

BLOGお店2019.03.13

木を想う心~よろず庵さん~

先日より、京北の春の息吹を感じるブログをお届けしていますが、

京北の自然の代表と言えば、北山杉。

その北山杉や間伐材を利用して

とても素敵な木工品を作成されているお店があります。

「よろず庵」さんです。

松の梁が立派な木のお店の中には、可愛らしい作品がたくさん!
よろず庵お地蔵さんストラップ.JPG

杉の木を切った後に自生するクロモジ。

クロモジは、殺菌作用があり香りも良く、山の世話をされていた頃から、

クロモジを使って何か作品が作れないかと考えておられたそうです。

よろず庵クロモジ.JPG

近年は価格重視で、本当の木の「良さ」が後回しになっている、

と店主の藤原さんは、おっしゃいます。

北山丸太の側面を利用したりくりぬいて木目を見せたりと、木の特徴が素敵な風合いを生み出す作品を作っておられます。

それらを見せていただいていると、長年にわたり、

本当の木の良さを大切にされている藤原さんのお人柄と木の両方の温もりが伝わってきます。

よろず庵藤原さん作業.jpg

里山の春の暖かさと、京北を代表する北山杉の温もりを

ぜひ、感じにいらしてください。

よろず庵藤原さん.JPG


よろず庵

〒601-0262

京都市右京区京北細野町信濃垣内31

TEL:075-852-0476 FAX:075-852-0498

http://www.yorozuan.com/

アクセス...ふるさとバス、細野口下車 徒歩5分


京北のお花見情報やお食事の情報が、「里山の名桜ををひとりじめ」で紹介していますので、春のお出かけに合わせてお読み下さい。