BLOG京の会長&社長めし2020.12.11

株式会社 豊岡建築設計工房の社長が通う店「焼肉SEVEN(セブン)」

京都にある会社の会長&社長は、どんな店でどんな料理を食べているのでしょうか? 彼らが通う一見さんお断りの超高級店から大衆店までご紹介する【京の会長&社長めし】。今回は株式会社豊岡建築設計工房社長の豊岡大策さんが通う「焼肉SEVEN」です。

profile-1.JPG

■豊岡 大策(とよおか だいさく)さん

株式会社豊岡建築設計工房 代表取締役

1977年大阪府高槻市生まれ
京都産業大学経済学部卒業/京都建築専門学校建築科卒業
清水建築設計工房を経て、
2010年 独立し豊岡建築設計工房を設立
2011年 一級建築士取得
2020年 株式会社豊岡建築設計工房に組織変更

[資格]
・一級建築士 第343754号
・JSHI公認ホームインスペクター
・福祉住環境コーディネーター2級
・地震被災建築物応急危険度判定士

最後の晩餐は、阪急桂駅前の焼鳥屋「夢叶」のおにぎり。

活気ある店内で心地よい時間を。黒毛和牛の焼肉をリーズナブルに楽しめると評判の一軒

_EDY1166.JPG

JR梅小路京都西駅周辺は、ホテルや複合施設などが新たにできるなど今注目のエリア。そこから西、商店街が連なる七条通沿いの一角にあるのが、豊岡さんが推薦する「焼肉SEVEN」だ。
店主の山崎大輔さんが、京都市内の焼肉店勤務を経て、2015年に地元であるこの地に店をオープン。地域を象徴する「七条」にちなんだ店名には、山崎さんの地元愛が込められている。

_EDY1004.JPG

店舗は以前、小売店として使われていた物件を全面改装。
「お客様と僕や従業員が近い距離になれるような店がやりたかった」と山崎さん。あえてカウンター席を設けたのもそのためだという。

女性や家族連れも入りやすい町家風の落ち着いた空間で、おいしい焼肉がリーズナブルに味わえるとあって、地元や近隣の人々を中心にファンを獲得。週末は予約ですぐ埋まってしまうほどの人気ぶりだ。

豊岡さんは約2年前から、毎月2回ほどのペースで通っているという。
「仕事などでよく七条通を通っていて、気になる焼肉屋さんだなと思っていたんです。焼肉が好きでいろんな店に行っていたので、一回入ってみようと、ふらっと入った感じです。そしたら、すごくおいしくて、コストパフォーマンスも高い。高級な焼肉屋さんも行きますけど、友人や仕事仲間と気軽に行ける普段使いの店として、今一番気に入っているお店です」(豊岡さん)

_EDY1009.JPG

「大体友達や後輩と23人で行って、カウンターで食べています。オーナーさんが肉を切ったり、アルバイトの子に指示したりしている様子を見ながら食べるのが結構好きなので。お店の雰囲気もわかるし、そういう楽しさもあって通っています。焼き肉の店を聞かれるとここを紹介することが多いですね」(豊岡さん)

「ありがたいですね。豊岡さんは予約の時からカウンターでいいですよって、言ってくださるんです。土日に来られることが多く、お友達とお気に入りのメニューを食べて帰られます」(山崎さん)

_EDY1182.JPG

ここで使用する肉は、黒毛和牛のA5A4ランクのもの。山崎さんは、特に産地は決めず、自分の目で確かめたものを安く提供できるように、日頃から仕入れ業者とコミュニケーションをとって関係を構築しているという。

_EDY1037.JPG

「いつもはハイボールと、厚切りタンと赤身の三種盛り、それから生ハツをお願いして、あとはお腹の具合でいろいろ違うものを頼みます」(豊岡さん)

厚さ1.5センチはある豊岡さんお薦めの「厚切りタン」1380円は、タン元の部分のみを使っているため、厚くても柔らかく、食べやすい。

_EDY1083.JPG

お薦めの焼き加減はレア。1分程度焼くといいそうだ。
薬味は、ネギ、レモン、おろしショウガが付く。
「ジューシーでとてもおいしい。ネギとショウガであっさり食べられます」(豊岡さん)

_EDY1012.JPG

もう一つのお気に入り、その日のお薦めが入った「赤身の三種盛り」1980円。写真はクラシタロース、ざぶとん、三角カルビの3種で、日によりイチボやラムシンになるなど、内容は変わる。

_EDY1117.JPG

赤身の味付けは塩かたれを選べる。
「たれもおいしいんですが、お肉の味がしっかりしているので、いつも塩で食べています」と、豊岡さん。焼いた肉に刻みわさびの醤油漬けをのせて味わうという。普通のわさびとは違ったぴりりと強い刺激が、赤身の濃厚な味わいとマッチする。

ちなみにたれ焼きは、そのまま味わうほか、いろいろな果実を使ったスタンダードなたれと、酸味のあるさっぱりだれの2種の自家製つけだれで楽しんでも。特にさっぱりタイプのたれは、女性に好評だ。

「肉はオーダーが入ってから切っていますので、小さいお子様には薄めに、厚めがお好みのお客様には厚めになど、オーダーカットにも臨機応変に対応しています」と、山崎さん。

_EDY1161.JPG

その他メニューでは、ロース、ラムシン、イチボ、お得な「タンの三種盛り」、ユッケ、ユッケジャンスープなども人気。
また、ヤンニョムを多めに漬け込んだ自家製キムチも定番で、お酒をあまり飲まない豊岡さんは、キムチの三種盛りと白ご飯も必ず頼むそうだ。

_EDY1193.JPG

「いいものを安く提供して、当たり前の接客をする。それができれば、お客様は来てくださると思うんです。居心地の良い空間を作ってあげられるように、そのお客様が何を求めているかを察して対応するようにしています」と、山崎さん。
忙しくて自ら表まで行けなくとも挨拶の言葉は欠かさず、来店したことのあるお客であれば、「また来てくださったんですね。ありがとうございます」などと声をかけたり、会話の少ない席なら場を温めるような接客をしたり。そうしたちょっとしたことを怠らないよう心がけているという。

普段は新しい店を開拓して行くことが多いという豊岡さんが、ずっと通い続けているのも、ほかにはない心地良さがあってこそだ。
「セブンさんはいつも活気があって、居心地がいい。オーナーさんがお客さん全員に絶えず目を配っておられるし、スタッフの子たちもちゃんと気遣いができて、気持ちいい接客をしてくれます。一緒に連れて行く人も皆、その居心地の良さは共感してくれていると思います」(豊岡さん)

予算は4500円ほど。早めの予約がお薦めだ。

撮影 エディ・オオムラ  文 山本真由美

■焼肉SEVEN

京都市下京区西七条北東野町11
075-313-8429
営業時間 平日17時~23時(LO22時30分) 土日祝16時~23時(LO22時30分)
定休日 不定休
https://yakinikuseven.owst.jp/