BLOG京のとろみ2019.12.29

『餃子の王将』の「あんだく天津飯」

Byハリー中西

料理を撮影し続け40年。京都の食事情を知り尽くした食いしん坊カメラマンが、好物のとろみ料理を披露する新企画。和食のあんかけ料理をはじめ中華の甘酢餡、カレーうどんやデザートまで。ハリー巨匠撮影、シズル感たっぷりの写真とともにご紹介します。

京都発祥の中華料理チェーン店「餃子の王将」
2019年331日現在、海外含め729店舗あるらしい。
その1号店が1967年京都の四条大宮にオープンした。
私の家から800m徒歩10分以内である。
小学生の頃は親に連れられ、高校生になると学校から近いので毎日のように足を運んだ。

今でも週に12のペースで通っている。
お気に入りのメニューはたくさんあるけれど今回は天津飯。
この天津飯のオーダーには必殺の裏技がある。

「あんだく天津飯」だ!

注文時に「餡多めで」や「餡たっぷりで」と頼むと
追加料金無料で餡がたっぷりかかってくる。
玉子のとろみ、餡のとろみが圧倒的。
私はこの餡に餃子や唐揚げも絡めて食べる。うまい!

とろみだくだくの天津飯。
とろみストとしてこれをオーダーしない手はない。
ぜひ一度、試してほしい!

ハリー中西料理カメラマン

京都生まれ京都育ち ファッション写真を勉強するも食いしん坊が故、料理カメラマンに。好物は茶色い食べ物。とろみストである