BLOG京のとろみ2020.07.31

「中華処 楊」の中華風カツ丼

Byハリー中西

料理を撮影し続け40年。京都の食事情を知り尽くした食いしん坊カメラマンが、好物のとろみ料理を披露する新企画。和食のあんかけ料理をはじめ中華の甘酢餡、カレーうどんやデザートまで。ハリー巨匠撮影、シズル感たっぷりの写真とともにご紹介します。

中華料理はとろみの宝庫だ!
八宝菜、酢豚、麻婆豆腐、エビチリ、フカヒレ、天津飯・・・・・・
数えあげたらキリがない。

そんな中華料理の中におそらく賄い料理から始まったであろう
カレーライスやカツ丼をメニューに載せてる店がけっこうある。

今回は四条堀川の交差点を少し東に入ったところにある「中華処 楊」さん。
ランチ時は周辺のサラリーマンやOL、近所の常連さん達で賑わっている。
昼夜通し営業なのもありがたい。
こちらの大将は一見すると喧嘩の強そうなイカツイ感じだが
話をすると人柄の良さや優しさが伝わってくる。
いろんなボランティア活動もされてるみたいだ。

そして、こちらの名物的料理が中華風カツ丼!
ごはんの上に薄めのカツが乗り、たっぷりの中華餡がかかっている。
サクサクしたカツと少し甘めのあっさり餡が実によく合う。
他の料理も全体的にあっさりで
土台となる中華スープがしっかり作られてるのがわかる。

カレー餡に変更も可能だと聞いたので
次回は中華風カツカレー丼にしてみよう。

ハリー中西

京都生まれ京都育ち ファッション写真を勉強するも食いしん坊が故、料理カメラマンに。好物は茶色い食べ物。とろみストである

食知新

Recent