BLOG京のとろみ2021.07.31

「芙蓉園」の鳳凰蛋

Byハリー中西

料理を撮影し続け40年。京都の食事情を知り尽くした食いしん坊カメラマンが、好物のとろみ料理を披露する新企画。和食のあんかけ料理をはじめ中華の甘酢餡、カレーうどんやデザートまで。ハリー巨匠撮影、シズル感たっぷりの写真とともにご紹介します。

芙蓉園は1955年創業の京都中華の店。
ニンニクを使わない出汁の効いた優しい中華料理が提供される。
場所は京都市内のど真ん中、四条河原町にある。
客層は近所の家族連れから観光客、芸舞妓、サラリーマン、OLなど幅広い。

鳳凰蛋(ホウオウタン)とは鶏肉入り玉子焼きのこと。
ここ芙蓉園の名物料理だ。

具材は鶏肉、卵、玉ねぎとシンプル。
出汁の効いた鶏スープでこれらの具材を半熟卵でとじてある。

印象は甘めで親子丼のアタマのようだ。
なので、ごはんにめちゃくちゃ合う。酒より絶対ごはん。春巻きや焼売、カラシそば、酢豚などを紹興酒で楽しんでいても鳳凰蛋が出てきたら、たとえ序盤であってもごはんを注文しなくてはならない。
そして、ごはんに鳳凰蛋をぶっかけ親子丼にして食べる。

これが一番旨い食べ方!
是非一度、試してみて欲しい。

更に私はチャーハンにも鳳凰蛋をぶっかける。
本当はこれが一番旨い!

ハリー中西

食知新

Recent