食知新

FOOD

有名人が惚れた店

小山薫堂さんや堀江貴文さんなど、京都が好きな有名人がプライベートで通う店をテレビ番組『京都知新』のプロデューサー本郷義浩がご紹介していきます。

堀江貴文
小山薫堂

Kundo Koyama

小山 薫堂さんが通う店

「隔週ペースで京都に来ておりますので、一度、飲みに行きませんか?」小山薫堂さんから、メールをもらったのは、2012年10月8日でした。薫堂さんが関係するプロジェクトの打ち合わせと御礼を兼ねて連れて行ってくださったお店について書かせていただきます。

  • VOL.02- 2018.12.19
    洋食おがた

    小山薫堂さんは、とにかく洋食ラブで、京都市内だけでも、前回ご紹介した『グリルフレンチ』を含めて、10軒近くよく行く洋食店があるそうです。

    ビフカツ、ミンチカツ、ハンバーグ...中でもナポリタンが特にお好きで、ナポリタン愛が伝わるVTRも作られています。そのVTRが見られるサイトのリンクを薫堂さんの許可をもらったので、貼り付けておきます。
    https://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/1868

    薫堂さんとは食縁があるようで、夕食の席で偶然、一緒になったことが4回もあります。『洋食おがた』では3年ほど前にお会いしました。それぞれ4人以上の集まりだったので、「ここよく来るんです」「緒方シェフが『セプト』におられたときから通っています」くらいしか話はできませんでしたが。

    『洋食おがた』は、尾崎牛と南の島豚の合い挽きを使ったハンバーグがスペシャリテですが、「カレーナポリタン薫堂風」というメニューがあります。

    2年ほど前、小山薫堂さんが、おそがけに来て「カレーもナポリタンも両方食べたいけど、そこまでお腹すいてなくて、合わせ技とかできないですか?わがままいいますが、たとえばナポリタンはケチャップ使わずに...」というリクエストで誕生。

    トマトケチャップはほんの隠し味程度に使ってナポリタンを仕上げ、食べるときに熱々のカレーをかけます。なるほど、カレーのコクとスパイシーな香りを優しいナポリタンが受けとめてくれます。新しい出会いです。

    「お客さんの少しわがままなリクエスト」から新メニューが生まれる。楽しい事件です。

    ■ 洋食おがた

    京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
    075-223-2230
    京都市役所前駅から460m

    FB公式アカウントは
    こちら
  • VOL.01- 2018.11.01
    グリルフレンチ
    (Grill French)

    11月28日夜。連れて行ってもらったのが、二条城の近くにある『グリルフレンチ』。店名にフレンチとついていますが、雑誌もテレビも一切取材拒否の上等洋食店です。

    開店は1970年6月。50年近く営業されているのに、マスコミでの露出が極端に少ない、まさに幻の洋食店です。

    薫堂さん:「シェフ、いつものように、少しずついただきたいのですが...スープに、ポテトサラダ、フィレステーキは薄いのを1枚焼いてもらって、アワビのプルギニオンバター、それに、ミンチカツ、カレーライス...」 ーうわあ、たまらん。おいしそうなメニューばかり...。料理写真を撮っていたので詳細に憶えています。

    薫堂さんは、『グリルフレンチ』に何度も来ていて、シェフともかなりの親しさです。
    シェフ:「わかりました。まかせてください。スープは冷製で?きょうはエンドウ豆のポタージュですよ」
    7~8センチ角ほどの薄切りのフィレステーキは1人1枚。ミンチカツは2人で1個。カレーライスはミニサイズ。

    薫堂さん:「京都は、和食は当然ですが、洋食のレベルが相当高いですよね。京都に来る度にここにも来ますし、他の洋食店も探してよく行っています」
    ー薫堂さんは無類の洋食好きでした。

    追加で、ミンチカツサンドに玉子をはさんだスペシャルサンドを。
    カウンターで3時間余り。この食事会以降、親しくさせていただき、僕がプロデュースしている「魔法のレストラン」や「真実の料理人」に、何度も出演していただくきっかけとなったのでした。

    ■ グリルフレンチ (Grill French)

    京都府京都市中京区小川通御池上ル下古城町377
    075-213-5350
    12:00~13:30 17:00~22:00 日曜営業、木曜定休
    夜6,000円~7,999円 昼3,000円~3,999 円
    地下鉄東西線「二条城前」から徒歩約3分

    FB公式アカウントは
    こちら