BLOG京ノ旅手帖2019.06.25

今年の夏は癒しの里山、京北へ!大人の女子旅レポート 〜2日目〜

By西垣 愛佳

職場での会話がきっかけで訪れた、京都市北西部の里山・京北。伝統食を作ったり、自然が作り出す雄大な光景に感激したり…。大充実だったトリップ1日目に続き、人の温かみや自然をダイレクトに感じる里山トリップ2日目、始まります。

朝食をいただく

2.jpg3.jpg4.jpg

ふかふかの布団で眠り、気持ちよく目覚める2日目の朝。台所では、すでに朝食の準備が始まっていました。野菜がたっぷり入った味噌汁に、焼き鮭と人参サラダに...昨日販売機で買ったあの生みたて卵!ほろろん自家製米のほかほか炊き立てご飯の上につるんっとのせて食べると、意外にもあっさりクセがなく、何杯でも食べられる美味しさです。京北の豊かな恵みと、まごころたっぷりの朝食は温かく優しくて...贅沢って、きっとこういうことだよね、と一同、朝から大感激。

民宿のまわりをお散歩

5.jpg6.jpg

チェックアウトまで宿の周りを少し散策することに。朝の光に山々の緑がまぶしく、水を張った田んぼがきらめきます。マイナスイオン?半端なし。徒歩10分くらいのところにある、常照皇寺までは、木漏れ日が爽やかな、ちょうどよい散歩コースです。

そして別れの時...

7.jpg


散策から戻ると、いよいよほろろんともお別れ。たった1泊しかしていないというのに、なんだろう、この寂しさは・・・。ゲストが来たら最後に必ず撮るという記念写真を撮ったら、ますますしんみり。また来てね~と笑顔で送り出してくれる河原林さん親子に、後ろ髪をひかれながら、宿(もはや脳内では幻の田舎の親戚ん家?)を後にします。また、帰ってきていいよね...。

8.jpg

■ 農家民宿 ほろろん

京都市右京区京北大野町廣畑45
075-853-0113
https://ja-jp.facebook.com/hololon.garden/
客室:1日1組限定1~5名、2部屋(6畳と8畳)チェックインは15時以降、チェックアウトは11時
宿泊料金:1名(夕・朝食代込み) 10,200円(税込)
季節体験:鶏捌き&囲炉裏BBQ・田植え&ランチ・山菜採り&天ぷら料理・納豆餅作り・しめ縄作り他
体験料金:1名+2,000円(1泊につき体験は1種類、体験のみは不可)

「葵工芸」で椅子作り

9.jpg

10.jpg
11.JPG

さて、ほろろんを後に車で15分ほど移動し、オーダーメイドの北山杉家具や木工品を作っている工房、葵工芸さんにやってきました。今回私たちが挑戦するのは荒縄を編んでつくる民芸椅子作り。北山杉で出来た土台に、規則性のある編み方でぐるぐると縄を巻いていきます。最初はなかなかコツがつかめず難しいのですが、同じ動作の繰り返しなので、覚えてしまえば簡単!最後に焼き印をつけてもらい、1時間30分ほどで完成しました。思ったよりもうまく出来て、大満足です。完成したものは家まで送ってくれるので(送料別)、荷物が多い方もご安心を。

12.JPG

■ 葵工芸

京都市右京区京北下熊田町6-10
京北ふるさとバス「熊田口」より徒歩3分
075-852-1200
http://aoi-kougei.xii.jp/about.html
体験名:椅子作り体験
人 数:2名~
価 格:4,000円
※予約は10日前までに電話にて受付

近くのギャラリーでちょっと休憩

13.jpg14.jpg

葵工房さんから車で5分の「カルチャーカフェ・ギャラリー YU」さんで休憩。ステンドグラス作家のご夫婦が営むこちら、ショップスペースも併設しています。縁側のあるギャラリーでは、地元作家の作品が主に展示されていて、購入も可能。ショップスペースに並ぶガラス製品にもときめきます。希望すればワークショップも出来ますよ。

15.jpg

■ カルチャーカフェ・ギャラリー YU

京都市右京区京北下熊田町妙見谷1-1
京北ふるさとバス「熊田口」より徒歩5分
075-852-0309
体験名:椅子作り体験
11~17時
https://ccafegyu.wixsite.com/yuyu

ボリューム満点の本格蕎麦ランチに舌鼓

16.jpg
17.jpg

気が付くともうお昼時...なんだかもうお腹が空いてきました。こだわり素材のランチがいただけると話題の「蕎麦美庵 物味遊山」さんへ。前菜3種にサラダ、選べる主菜、そばがついて1,500円(税込)のAセットをいただきました。ゆっくりと出してくれるので、1品1品味わいながら食べることが出来ます。味のおいしさはさることながら、そのボリュームに驚き。最後はそば湯でほっこり...。充実のランチタイムでした。また来たい!

18.JPG

■ 蕎麦美庵 物味遊山

京都市右京区京北周山町東丁田13-3
JRバス周山バスターミナルより徒歩3分
075-852-1680
11~15時、17時30分~20時30分ごろ(食材なくなり次第終了)
http://monomiyuzan.okoshi-yasu.com/index.html

おしゃれで個性的なカフェでリラックス

19.jpg
20.jpg
21.jpg
22.jpg

大満足のランチの後はちょっとおいしいコーヒーが飲みたいな...、ということで、古民家をご主人自らの手で改装したというおしゃれで個性的な、いま京北でちょっと噂のカフェ「松橋雑貨店」さんを訪ねました。石窯で焼くピザと、フェアトレードのオーガニックコーヒーが自慢のこちら、まるで映画セットのようなレトロでクセの強いインテリアがずらり。その多くがご主人のお手製だというから驚きです。
とにかくどこを見ても気になる雑貨(発明品?)でいっぱい、ゆるりと素敵な音楽が流れ、風が爽やかに通る店内には、お客さんだけでなく、ツバメも気軽に入ってきます。ご主人の淹れる薫り高いコーヒーを味わいながら、絵本の世界のような、ちょっと浮世離れしたこの空間にまたもや一瞬、現実を忘れそうになります。

23.jpg

■ 松橋雑貨店

京都市右京区京北塔町宮ノ上23-1
京北ふるさとバス「第二小学校前」より徒歩2分
090-9880-3690
金・土曜の10~15時
https://ja-jp.facebook.com/matsuhashizakka/

ウッディー京北でおみやげタイム

24.jpg

京北旅もいよいよ大詰め。ウッディー京北に戻って、おみやげタイムです。納豆餅がかなり気に入った私、納豆餅味のあられを購入しました。これで、家に帰っても京北旅を思い出せる...!もう京北ロスになりかけ?

25.jpg

■ 道の駅 ウッディー京北

京都市右京区京北周山町上寺田
JRバス停京北合同庁舎前から徒歩2分
075-852-1700
9~18時
https://fuw.jp/woody/

想像以上だった京北町...。きっとまた帰って来ようね。

26.jpg

ひょんなきっかけで、ふらっとやってきた京北里山旅。予想以上に内容の濃い、充実した体験の数々に、しばし呆然としながら京都駅行きのバスを待ちます。全身がまるっと抱かれるような圧倒的な自然、そして京北で出会った温かい人々の笑顔が浮かびます。この2日間、気が付けば会社のことも仕事のことも忘れて、完全にトリップしてたかも。こんな近くにこんな場所があるなんて...。

里山暮らしを体験したい方、いつもと違う京都を知りたい方、デトックスな時間を求めている方! いちど京北へぜひ、足を運んでみてください。そこには、かつての日本人にとっては日常だった、非日常...自然と共に暮らし、自然に頂き、自然に感謝する、丁寧な暮らしがあります。そして何より、あそこにいると都会に疲れた自分の五感が、少しだけとり戻せる気がするのでした。私たちはすっかりリフレッシュして、元気に京北を後にしました。

■今年の夏は癒しの里山、京北へ!大人の女子旅レポート 〜1日目〜 はこちら

ライター
西垣 愛佳 にしがき あいか

京都在住のライター。おいしいものを求めて散歩するのが週末の楽しみ。最近は御朱印集めにはまっていて、梨木神社でいただいた御朱印がお気に入り

カメラマン
鈴木 誠一 すずき せいいち

京都生まれ・京都育ち・京都在住のグルメカメラマン。スイーツや料理など、食べ物の撮影が得意。趣味はおいしい食べ物を食べることと、撮影すること。