TV京都知新

KYOTO CHISHIN

MBSがお届けするテレビ番組『京都知新』では様々な京都の伝統文化を取り上げ、
次世代を担うクリエイターたちによるアートや工芸などを紹介していきます。

TV「京都知新」は、京都に根ざす伝統文化の「動」=「新」の部分に光を当て、「京都を温めて新しきを知る」番組。伝統の上に立ちながらも、時代時代の新しさを追求する「現在進行形」の芸術家、建築家、職人、舞踏家、前衛アーティストたちをフォーカス。京都1200年の美のタイムラインに「新」を発見してゆきます。

毎週日曜 朝6時15分~6時30分 MBS毎日放送 4ch.にて放送中(関西地区)

2020年03月29日(日)放送

#193茶人・ティアス宗筅

今回の主人公は遠州流茶道師範で京都在住のベルギー人の茶人、ティアス宗筅(そうせん)さん。ベルギーにいた高校生の時に、吉川英治の宮本武蔵を読んで感銘を受け、日本文化に魅了されます。2008年に来日し、剣道、空手、杖道、能楽、囲碁など様々な伝統文化を学び、多方面から日本文化を理解しようと努めます。そんな中、茶の湯は陶芸・漆芸・花・書・建築・庭などを網羅する総合芸術だと気づき、やがて茶道に専心します。下京区の明覺寺茶室で茶会を開いたティアスさん。亭主は点前が始まるずっと前から心を尽くし、客をもてなす準備をします。茶の湯は亭主が客にただ茶を振る舞うだけではなく、お互いを思いやり一緒になって作り上げる空間。その理念は茶室に留まらず、日常生活でも大切な心の在り方だとティアスさんは言います。日本茶インストラクターの資格を持つティアスさんは、東寺にほど近い茶房で日本茶のセレクターの一人として活動。自ら全国の茶園に足を運び、完全無農薬・シングルオリジンの茶葉を探し出し、仕入れ、提供しています。さらに世界に向けて選りすぐった茶をネット販売。商品の由来や安全性に感心の高い欧米の顧客に向けて、茶葉の具体的な情報とともに生産者の思いも発信しています。茶道から学んだ人生観と日本茶を愛してやまないティアス宗筅さんに迫ります。【INFORMATION】○間-MA-京都市南区西九条比永城町59Open 11:00-19:00Close 不定休https://0ma.jp/

ラジオ知新

RADIO

街角のざわめき、川の瀬音、風を切る車のいななき。そんな何気ない生活音、ひとつひとつにも物語があるのが京都。
知っているようで知らない、奥深き普段着の京都をラジオでは、気取らず、飾らずにお伝えします。