陶芸家・清水大介 #168 2019年09月15日(日)放送

京都市山科区、清水焼団地。その名の通り、清水焼の産地です。2011年、この地にオープンした「トキノハ」。店内の清水焼は、一般的なそれと少し異なります。絵付けの施されない、無地の清水焼なのです。

今回の主人公は陶芸家の清水大介さんです。23歳で陶芸を始めたころは、装飾のある清水焼をメインで作っていましたが、手にとってもらえない日々が続き、思い悩みます。どうすれば、自分の清水焼を見てもらえるのか。清水さんは店に来るお客の声に耳を傾けます。いま自分に求められている器とは何なのか?たどり着いたものが、シンプルな清水焼でした。

トキノハの器は左京区岩倉のショップでも購入することができます。実はここ、父であり、陶芸家・清水久さんの工房でもあります。清水大介さんは2015年、倉庫だった工房の2階を改装し、大介さんの器、父・久さんの器で食事ができるカフェスペースを作りました。

清水さんは、2019年、いままで作ったことのなかった清水焼に挑戦しています。それは料理人のための、一点物のお皿づくりでした。トキノハではやったことのない、形・色・デザインばかり。清水さんは、なぜそこまでして、清水焼を作り続けるのか?その思いに迫ります。


【INFORMATION】
「トキノハ」
〒607-8322  京都市山科区川田清水焼団地町8-1
電話/FAX  075-632-8722
営業時間 10:00~18:00 定休日:水曜日
http://tokinoha.jp/

「HOTOKI」
〒606-0006 京都府京都市左京区岩倉西五田町17-2
電話/FAX  075-781-1353
営業時間 金・土・日・祝 10時-18時
https://hotoki.jp/

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験