京都知新2019年 年末スペシャル「京都洋食物語」 #180 2019年12月29日(日)放送

京都には、実は洋食も「うなるほど旨い店」がたくさんあります。
日本でいちばん、パンの消費量が多い都道府県が京都でもあります。
「京都知新」2019年年末スペシャルは、京都の洋食にスポットをあてます。

ハンバーグ、オムライス、ナポリタン、ビフテキ、ハヤシライス、カレーライス、エビフライ、コロッケ、牡蠣フライ、ミンチカツ、トンカツ、グラタン...。
洋食は、懐かしさのエネルギーに満ちていて、昭和の香りと、脂の香りに包み込まれています。

洋食を偏愛する脚本家・小山薫堂さんにインタビューを敢行。
薫堂さんが語る「京都の洋食の魅力」とは?

また、ふだんは、京都知新ナレーション担当の、俳優、升毅さんが、いま、もっとも繁盛している『洋食おがた』と、行列ができる『喫茶マドラグ』を訪問する。

『洋食おがた』では、「薫堂風」と小山薫堂さんの名前のついたメニューとは?
        ★ハンバーグ秘密の隠し味とは?
        ★今まで洋食店になかった最新メニューとは?

『喫茶マドラグ』では、伝説の店「洋食コロナ」の伝説の「玉子サンド」を受け継いだふわふわの玉子サンド、秘密のテクニックとは?
        ★謎のチーズカレートーストのびっくりビジュアルとは?

などなど、様々な京都の洋食の秘密に迫まる、おいしい30分です。

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験