写真家・文筆家 エバレット・ブラウン #252 2021年05月30日(日)放送

今回の主人公、エバレット・ブラウンさんは1988年から日本に定住。国際通信社の日本支局長を務めた後、現在は写真家・文筆家・山伏など様々な顔を持っています。番組は滋賀県大津市の三井寺から京都を結ぶ古道をエバレットさんとともに歩きます。山伏行を始めて約6年というエバレットさんは、丹田(たんでん)を鍛えるため法螺貝を吹き鳴らし峠を越えます。道中には大きな岩の点在する場所が。これをエバレットさんは古代の磐座(いわくら)か中世の庭園と考えています。その後、江戸時代の終わりごろまで日本人が使っていてた足半(あしなか:かかとの無い草鞋)に履き替え、大文字山を目指します。
カメラは写真家としての活動も捉えました。実は、エバレットさんの先祖は、幕末に黒船でペリーに随行したカメラマン。それもあり、19世紀に発明された湿板写真という古典技法を駆使し、昔の日本の面影を現代に蘇らせています。エバレットさんの愛する京都、そして日本へのまなざしを見つめました。

【INFOMATION】
●総本山園城寺 三井寺
〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町
℡077-522-2238
三井寺(天台寺門宗総本山園城寺)ホームページ
http://www.shiga-miidera.or.jp/
●牛尾山 法嚴寺
〒607-8069 京都市山科区音羽南谷1
℡075-581-1586
牛尾山法嚴寺 ホームページ
https://www.hougonji.info/

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験