「今西製菓」5代・京飴職人 今西政博 #263 2021年08月15日(日)放送

今回の主人公は京都市下京区で京飴の製造を手掛ける「今西製菓」5代・京飴職人の今西政博さん。
今西製菓は明治9年に創業し、140年以上に渡り京飴を作り続けてきました。

砂糖と水飴を原料に作られる飴。京飴は水飴に比べ砂糖の割合が多いため溶けにくく、日持ちが良いのが特長です。
また、飴を練り空気を含ませることで、かんだ時にサクッとした軽い食感が生まれます。
小さく、光沢や透明感がある見た目も京飴の魅力のひとつ。

今西さんはそんな京飴の魅力を追求するべく、2003年に京飴の専門店・クロッシェを立ち上げました。
クロッシェのテーマは「色」。
色と色を組み合わせたカラフルできらびやかな京飴がおよそ80種類あります。色の組み合わせはテーマ、タイトルに合わせてそれぞれ意味を持たせており、飴自体の味もすべて変えています。

今西さんが京飴の専門店を立ち上げたのにはある想いがあります。

番組では今西さんの京飴への想いと、クロッシェの華やかな京飴がどのように作られているのか、その取り組みに迫ります。


【INFOMATION】
●今西製菓
電話番号:075-351-0593
ホームページ(オンラインショップ)
http://www.ayanokouji.co.jp/

●クロッシェ
住所:京都市下京区綾小路富小路東入塩屋町69
電話番号:075-744-0840
ホームページ(オンラインショップ)
https://crcht.com

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験