衣裳家・服飾デザイナー 鷲尾華子 #273 2021年10月24日(日)放送

浄土真宗本願寺派 龍谷山 本願寺。2021年9月4日。34回目となる「音舞台」が開かれました。そんな舞台空間を演出する大切な要素のひとつである衣裳をデザインし制作する衣裳家が今回の主人公、鷲尾華子さんです。「西本願寺音舞台」ではバレエダンサー中村祥子さんの衣裳を担当しました。

京都で生まれ育った鷲尾さんは、劇団四季に入社し、数々の衣裳デザインを手掛けてきた経歴があります。2010年に独立し左京区のアトリエを拠点に活動しています。鷲尾さんは、日本の伝統工芸・産業の技術を生かした衣裳作りに力を注いでいます。

「西本願寺音舞台」のテーマは「いのちのことば」。鷲尾さんは「自然からのエネルギー」を衣裳からも感じられるよう、黄昏時の空の色を「幻の染料」といわれる"日本茜"を中心に紫根、藍などの自然素材で染めることに挑戦しました。

番組では、鷲尾さんの挑戦と活動に迫ります。


【INFOMATION】

●HANA DESIGN ROOM
公式ホームページ
https://www.hanadesignroom.com

●美し山の草木舎
公式ホームページ
https://soumokutya.jimdofree.com

●西本願寺音舞台
テレビ放送日時:10月24日(日) 深夜0時30分~
公式ホームページ
https://www.kyoto-chishin.com/otobutai/

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験