家紋研究家・森本勇矢 #276 2021年11月14日(日)放送

家紋とは家のシンボルマークであり、継承されていく特性を持った紋のこと。一代限りでは家紋とは言えません。全国に20万はあると推測されている家紋を、京都をベースに研究している森本勇矢さんを取材しました。
森本さんの家業は着物の染色補正。染色の工程で発生した"染難"を取り除き、修復する仕事です。着物にあしらわれる家紋は、森本さんにとってごく身近なものであり、興味を持って調べるうちに、執筆依頼が来るほど知識も専門的に。
カメラは森本さんとともに街中で見かける家紋や、神社仏閣を訪ねました。日蓮宗大本山妙顕寺の大本堂の天井画は家紋。修復する際に、寄進した人々の家紋が奉納されました。石田三成の家紋でもある「九曜」、角字を用いた家紋などを紹介。今宮神社では、「玉の輿」の語源ともなったある人物が寄進した灯籠に注目。火袋に「繋ぎ目結」という家紋が入れられています。また番組では家紋の起源や歴史、代表的な種類などを紹介。「家紋は先祖が我々を守ってくれている"御守り"」と語る森本さんの活動を追いました。



【INFOMATION】
●染色補正 森本
〒602-8134 京都市上京区大宮通丸太町上ル
TEL:075-821-3489

家紋フェス
https://www.kamon-fes.com/
家紋擬人化プロジェクト:家紋無双
https://kamonmuso.com/
ブログ:家紋を探る
http://arkness.blog.fc2.com/
WEBサイト:京都家紋研究会
http://kakenkyoto.web.fc2.com/
WEBサイト:大宮華紋森本
http://omiyakamon.co.jp/
森本勇矢Facebook
http://www.facebook.com/people/Yuya-Morimoto/100001550150773

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験