「創作中華 一之船入」オーナーシェフ 魏 禧之 #277 2021年11月21日(日)放送

京都1200年の美のタイムラインに時々の「斬新さ」を見つける番組『京都知新』。
今回の京都知新は、「創作中華 一之船入」のオーナーシェフ 魏禧之さんが主人公です。

魏さんは、中国の最高級調理師の資格を持ち、「中国料理アジアトップシェフ10」に殿堂入りするなど、その活躍は日本にとどまりません。お店は、森鴎外の短編小説『高瀬舟』の舞台としても有名な、京都・木屋町の高瀬川、一之船入と呼ばれる船止めに面した町家にあります。1997年、当時まだ「町家で創作中華」という店が無い時代、「一之船入」をオープンしました。

名物料理は、フカヒレの姿煮込み。その料理に使われるのが中国料理ではポピュラーな白湯スープです。
白湯スープは鶏ガラや豚ガラ、香味野菜や金華ハムなどを、強い火力で長時間煮込み、白濁させて仕上げるスープですが、魏さんは昆布を加えて、和の要素も加えています。
「創作の中に、ホンモノの味を感じて欲しい」「自身の料理をもっと身近に味わって欲しい」

2021年1月、本店の隣に「イチノフナイリ・ザ ショップ」を開き、新たな中国料理にも挑戦しています。



【INFOMATION】
●創作中華 一之船入
住所:京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
電話:075-256-1271
ランチ 11:30~14:00(LO 13:30)、ディナー 17:30~22:00(LO 21:00)
ランチコース 3,850円(税込)から、ディナーコース 6,600円(税込)から
定休日:日曜日 / その他年末年始
公式ホームページ:https://ichinohunairi.com/

Movie

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験