ニッポン画家・山本 太郎 #285 2022年01月16日(日)放送

古典的な日本画の技法を用いながら現代的な要素を加え描く。これを日本画(ニッポン画)と名付け今の日本の風景や生活様式を美しくもユーモラスに描く人物が今回の主人公。「現代の琳派」との呼び声も高いニッポン画家・山本太郎さんです。
古来より吉祥のモチーフとして描き続けられてきた松と鶴。山本さんの作品『年末年始図屏風』には、太陽を横切っている飛行機、そしてクリスマスツリーとトナカイが...。また2015年には琳派400年と任天堂『スーパーマリオブラザーズ』30周年を記念して『風神雷神図屛風』をモチーフにした屏風も制作しました。

また、山本さんは、2018年から母校でもある現在の「京都芸術大学」の准教授を務めています。2021年には学生と新たなプロジェクトにも挑戦しました。 山本さんは自分の作品を踏み台にして、気軽に見れるものがあるんだったら美術にも触れてみようという人が増えてきたら嬉しいと言います。

古典と現代の接点を新しさとユーモア―を加えて表現する山本さんの活動を紹介します。


【INFOMATION】
●山本太郎 公式ホームページ
https://nipponga.jimdofree.com

京都知新オススメの京都 職人&工房 体験