テレビ番組
京都知新

KYOTO CHISHIN

MBSがお届けするテレビ番組『京都知新』では様々な京都の伝統文化を取り上げ、
次世代を担うクリエイターたちによるアートや工芸などを紹介していきます。

TV「京都知新」は、京都に根ざす伝統文化の「動」=「新」の部分に光を当て、「京都を温めて新しきを知る」番組。伝統の上に立ちながらも、時代時代の新しさを追求する「現在進行形」の芸術家、建築家、職人、舞踏家、前衛アーティストたちをフォーカス。京都1200年の美のタイムラインに「新」を発見してゆきます。

毎週日曜 朝6時15分~6時30分 MBS毎日放送 4ch.にて放送中(関西地区)

#223「松山閣 松山」3代・松山吉之

2020年10月25日(日)放送

京都1200年の美のタイムラインに時々の「斬新さ」を見つける番組「京都知新」。今回の京都知新は、料亭「松山閣 松山」3代主人の松山吉之さんです。

松山閣 松山は京都を代表する名刹、世界遺産・仁和寺のその奥山にあります。右京区の原谷地区に敷地7万坪という雄大な自然に包まれた、隠れ家のような料亭です。
松山閣 松山の料理は、敷地内で採れた松茸や栗、京都の季節の食材を使っています。そんな料理の中でも、松山閣松山を代表するのが、自家製の湯葉です。
湯葉桶、きぬ湯葉、湯葉ちりめんなど様々な湯葉料理。25年ほど前から敷地内に、京湯葉工房を建て、自家製の湯葉を作っています。

実は3代主人の松山吉之さんは、サッカー日本代表にも選ばれた、元プロサッカー選手。1997年に現役を引退した後も、指導者として、ガンバ大阪などに在籍。
2005年のJリーグ初優勝を支えました。そして2007年、40歳の時に、サッカー界から料理の世界へ入りました。

料亭主人として茶道や料理の研究を重ね、"チーム松山閣"をけん引する松山吉之さんの姿に迫ります。


【INFOMATION】
●松山閣松山 本店
住所:京都市右京区鳴滝宇多野谷20
電話:075-461-4970
公式HP:http://www.shozankaku.jp/

●松山閣松山 JR京都伊勢丹店
住所:京都市下京区塩小路東塩小路町
JR京都伊勢丹11階レストラン街「イートパラダイス」
電話:075-342-0070